• 直感的なタッチパネル
  • IoT対応の制御
  • 高品質の測定セル
  • エネルギー効率の高いサーボドライブ
  • 清掃に優れたアクセシビリティ
  • 金属検出可能な接続

自動スケールであるCERVOは、社内工程制御用の不連続ホッパースケールで、最大320m3/hの処理能力を有しています。エネルギー効率に優れた電気機械式駆動システムにより、消耗を最小限に抑え、メンテナンスの必要性を低減しています。swisca独自の測定セルが、非常に優れた測定精度を保証します。小麦などの粒状製品には、オーバーフロー付きホッパーを使用します。小麦粉などの粉末製品には、チューブスクリューまたはドージングホイールを使用します。タッチスクリーン式のコントロールは使いやすく、先進的で堅牢です。